スポンサーリンク

2019渓流ベイトフィネス④禁漁時期へ〜尺物をバラシまくる

渓流ベイトフィネス雑記

早くも10月になり禁漁時期へ。

今年は、2歳児と0歳児の子育てをしながら、早朝にちょろっと行かせて貰っていたので、

回数は行けませんでしたが良い気分転換になりました^^

産卵時期は食いが悪い

9月末、最後はヤマメ狙いで行ったのですが、産卵時期になるとやはりヤマメは食いが悪く、スピナーにかろうじて反応するくらい。イワナは入れ食いでしたが、それでも普段よりは食いが悪い感じがあります。釣り人がシーズン最終で多く入ったのも関係あるかもしれません。。

尺物に対応できない

釣り歩くうちに問題が発生。

普段、里川メインなので大きくても25ー28cmくらいのヤマメ・イワナ・ニジマスを釣っています。

なのでというか、癖というか、ビースティッキー が柔らかくて優秀だからというか、

とにかく、乗せる釣りをしがちになるんですよね。

食ったらそのまま乗せる感じで左右に竿を返しながら取り込む感じ。

 

これが、30オーバーとなると対応できないことに気づきました。

産卵時期の上流はオオイワナがウヨウヨしているのですが、

尺オーバーのオオイワナが掛かかると針が曲がったり折れたりでバレてしまうんです;

イトウクラフトのトレブルフックを使っているので針自体の耐久が低いのもあるのですが、

完全に想定外orz

アルファスエアストリームカスタムの見落としていたデメリット

アルファスエアストリームカスタムはPEが細いとスプールに噛むとの事で、

6lb以上を推奨しています。

なので、PEラインを普段使い慣れた、4lb−5lbから6lbに変えたんです。

これで感覚が狂ったのもあるかもしれない。

せっかくのボーナスステージなのに尺ものをバラシまくり;

そこでナイロンリーダーからフロロリーダーに変えてガッツリ合わせて

やっと釣り上げたのは29cmのイワナでした。

渓流ベイトフィネスタックル詳細

ベイトリール:アルファスエアストリームカスタム

ロッド:スミスビーステッィッキー43ul

バリバス スーパートラウトアドバンスPE6lb

バリバス ベイトフィネスナイロン5lb(リーダー1.5m)

フロロ5lb (リーダー60cm)

スピナー:スミス AR-S

ルアー:Dコンパクト

 

ロッド✖️メインライン✖️リーダー✖️太さ✖️長さが重要。

ssairとアルファスエアは同じ設定でpe4−5lbにナイロン4−5lbで使っていました。

アルファスエアストリームカスタムで初めて6lbを使ったのですが、

6lbって感覚が割と変わるんだなあと思いました。

そうなると、リーダーの長さ、ナイロンとフロロの長さと太さを考えないといけない。

ロッドの柔らかさと長さも考慮した上で。

・・・深いです。

 

時間があったら管理釣り場でアルファスエアストリームカスタム用に調整してみたいと思います^^

禁漁期間になると余計にモチベーション上がったり・・・

これだから釣りはやめられない!

【PE?ナイロン?】渓流ベイトフィネスのおすすめラインシステム【糸巻き量・ノット・リーダー】
渓流ベイトフィネスのおすすめのラインシステムを紹介。 オススメなのはPEライン+フロロorナイロンです。 ナイロンライン単体のメリット 巻くだけで良い。ヨレたり擦れたりしたら切ればそのまま使えるのでノットをやり直す事がないのでラクチン! 伸びが良いのでトリプルフックであればバラしが激減する。
https://aquarist-tk.com/2020/01/08/keiryu-bfs-trout-fishing/

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました