スポンサーリンク

2019年渓流ベイトフィネス①

*本サイトは一部アフィリエイト広告を利用しています。

始めてから5年くらい経つ渓流ベイトフィネス。

息子と娘が生まれた事で行く暇がなかなかないのですが、嫁の計らいで

今年は3回ほど行かせてもらってます(感謝

釣果はヤマメ・イワナ数匹。

今住んでる地域で釣れる鱒はイワナ・ヤマメ・ニジマス。ブラウンはいません。

イワナ・ヤマメ・ニジマスは混泳していて交雑種はいまのところみたことない。カワサバ見てみたい・・

ニジマスがいるのは自分がよく行く7本くらいの川のうちの1つだけ。

イワナも釣れて、風景の写真たくさん撮ったのだけど、

この後iphoneが水没。。生活防水なのにまさか水没するとは・・

修理に出したら新品が6.7万の請求と共にアップルから送られてきましたorz

今年は防水防塵の渓流釣り用のカメラを新調しようと決意。

渓流ベイトフィネスを始めてみたい人は↓

【2024年版】渓流ベイトフィネスにおすすめの最新タックルを紹介!!【ロッド・リール・ラインを網羅】
2024年の渓流ベイトフィネスのタックル情報をまとめてみました。最新情報、おすすめの渓流ベイトフィネスロッド、ベイトフィネスリール、ライン、ノット。ロッドの長さは?リールは左巻き右巻き?簡単なノットは?リーダーは?ナイロン?フロロ?PE?そんな疑問に答えます。
【PE?ナイロン?】渓流ベイトフィネスのおすすめラインシステム【糸巻き量・ノット・リーダー】
渓流ベイトフィネスのおすすめのラインシステムを紹介。 オススメなのはPEライン+フロロorナイロンです。 ナイロンライン単体のメリット 巻くだけで良い。ヨレたり擦れたりしたら切ればそのまま使えるのでノットをやり直す事がないのでラクチン! 伸びが良いのでトリプルフックであればバラしが激減する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました